未然に事故を防ぐための対策は、全社一丸となってやる事が大切です

未然に事故を防ぐための対策は、全社一丸となってやる事が大切です

ブログ

2018年9月20日

未然に事故を防ぐための対策は、全社一丸となってやる事が大切です

9月1日より、株式会社安全教育センターから、株式会社ヒューマンダイナミクスとなり1ケ月がたとうとしています。

まだ、ホームページが安全教育センターのままではありますが、もうしばらくでヒューマンダイナミクスのページをオープンさせることが出来ますので、もう少々お待ちください。関係各所の皆様には、ご迷惑をお掛けいたします。

さて、各企業担当者の皆様方におかれましては、日々会社の業務運営や管理業務に多忙の日々を送っている事と存じます。

弊社も安全運転研修業務を通して各企業担当者様に状況をお伺いしておりますが、やはり業務中の運転における事故防止に必要な事は、いかに事故を起こす確率を減らす=未然に対策を打とうと考えるかどうか、という事が重要です。

交通事故は、統計的に見るとゼロにはなりません。ただし、仮に1年に1回事故を起こす確率であれば、それを5年に1回、10年に1回というように確率をどれだけ下げるかが重要になってきます。

日々の業務と同じように、1日の振り返り、ヒヤリハットした体験の共有、ミスをしないための準備や対策などやる方法は多数、そしてどの部門でもやれることがあります。

安全管理は、安全管理に携わる人や総務・人事に携わる人だけでなく、全社一丸となって取り組むべき重要課題と言えるのです。

ヒューマンダイナミクスでは、運転スキルを向上させるだけでなく、どのように管理するべきか、どのように日々の運転を行うべきかを長年のノウハウをもとに提供していまいります。

年末に近づくにつれ、毎年事故が増える傾向があります。

その前に、運転も含めた安全管理を今一度確認してはいかがでしょうか。