自己管理がなぜ必要なのか!安全運転も自己管理が重要

自己管理がなぜ必要なのか!安全運転も自己管理が重要

安全管理

2020年7月8日

自己管理がなぜ必要なのか!安全運転も自己管理が重要

     

安全に事故をしないように運転をする

   

これは運転免許を取得した時、いや免許を取るために教習所へ通っている時から、誰しもが意識をしていた事である。

   

免許を取った初期の頃は、教習所で習った交通ルールや運転操作をベースとして運転をする事が多いだろう。

そこから、運転の経験を増やしていく中で、外の道を自分で運転する事への慣れと、さらに運転操作が無意識で円滑に出来るようになってくる。

    

ここまでくると、危険に対する予測や判断、そして他者を気遣う余裕が出る。

このようなモデルを簡潔に表したものが以下の図である。

   

       

1本の樹木を運転する人間に例えると、誰しも最初は免許を取る時の学びや気づきをベースとして運転をしている。(第1ステップ)

実は、この第1ステップでも、事故違反をしない運転をする事は十分に可能であると考えている。

  

     

状況の予測や判断が足りない、車両感覚を掴みきれていない、等のドライバーとしてまだまだ不安要素はあるが未熟なら未熟なりの運転をする事で事故をしない運転も出来る。

   

第2ステップに進んだ時に、安全への意識と企業ドライバーの自覚をも継続していればいいのだが、ここが薄れ運転行動が自分都合になってしまう事を避けたい自分都合にならないように、自分でどう管理をするかが問われる。

    

      

つまり、安全運転をする上で企業ドライバーの自己管理がとても大事になる。

    

      

自己管理とは

健康管理

    

運転に限らず、仕事をする、目標に進む、夢を叶える・・・

まず体が資本である事は言うまでもないだろう。

    

✔ バランスの取れた食事

✔ 適切な睡眠

✔ 適度な運動

✔ 社会との繋がり

   

運転をすると分かっていて体調を崩す。毎日仕事で車を走らせる人は、毎日の体調管理も仕事のうちであると認識する必要がある。

   

日々の生活の中で仕事、いや自分の目指す生き方そのものに影響が出ないような体調管理をしていく事をおすすめしたい。

   

    

    

生活管理

   

生活管理という言葉は、あまり馴染みがない方もいるだろう。

例えば、時間管理やスケジュール管理、金銭管理などを指す。

   

このような管理はなぜ大切なのか。

それは、仕事に集中できる環境設定に大きく影響するからだ。

   

時間に追われて、アポイントに遅れそう。遅れたら契約がパー。

そう思っていたら、制限速度や交通ルールをしっかり遵守して走る企業ドライバーはいったいどれくらいいるのだろうか。

    

お金の面で悩みを抱えている、人間関係で悩みを抱えている、普段の生活でも悩みがあり気持ちが沈んでいる時に、運転では集中して安全に・・・

これには無理があるというものだ。

   

規則正しい生活、社会人として透明かつ誠実な働き方、生き方をしていきたい。

   

   

   

精神的な管理(心のケア) 

 

体調管理と同様に、心のケアも怠ってはいけない。

体はいくら疲れても休息を取る事で回復できるが、心が折れてしまっては駄目。

  

心が折れないよう、疲れないようにする事がとても大事になってくる。

体と心が充実しているからこそ、社会で活躍して成果が出せるようになる。

   

✔ やる気になる要因を見つける(外発的要因・内発的要因)

外発的要因 ⇒ 昇進・昇格・評価など

内発的要因 ⇒ 達成感・能力発揮感・成長感など

  

✔ モチベーション管理 

あげる事よりも下げない事を意識する維持していく事がとても重要になる

  

  

✔ モチベーションを下げない自分づくり

雑でもいいので誰かと会話をする 元気になれるアイテムを見つける

 

まとめ

   

今回のブログでは、車の運転に関しても自己管理は大きく影響している事を1人でも多くの企業ドライバーへ改めて伝えたいと思い書いてみた。

   

頭の中では、体調管理も安全管理も大事。違反や事故をしない運転をする事は当然だ! と思う人ばかりだと思う。

   

ただ、それをどのような状況においても、模範となる運転が出来る人はとても少ない。それはなぜか。

  

その一つには、今回のテーマである自己管理が足りていない事が挙げられる。

改めて自己管理を見直し、企業ドライバーとしての自覚を再度認識するきっかけにしてもらえたらと思う。