安全運転研修の必要性

企業が安全運転研修を行う理由とは

企業の損失は経済的な損失だけではありません。

企業のブランドイメージの低下、営業活動の阻害、お取引先様からの信頼の低下などあらゆる部分に影響を及ぼします。失った信頼を回復するためには多大な努力と時間が必要となります。

交通事故が企業に及ぼす影響について今までよりも重く真剣に受け止められ始めたことにより安全運転研修を行う企業が増えてきています。

交通事故発生による
企業に与える3つの損失

経済損失

被害者に対する賠償金

車両修理費

社会的損失

企業イメージの失墜

人的損失

社員の心的身的ダメージ

リスクを回避するために必要な研修とは

グラフ:95%

事故の95%は意識の欠如が原因

実は、交通事故の大半が「安全意識」の欠如によって起こっています。無理な運転や、不注意による事故を防ぐことができれば、交通事故を起こしてしまう件数は少なくなります。

グラフ:5%

事故の5%は運転技術が原因

多くの事故は不注意など、意識の面によるものですが、残り5%の事故原因は運転技術の不足によるものです。
事故は1件くらいは起こしても良いというものではありません。
定期的な運転技術の確認や、運転しなかった期間がある場合などは技術確認を行ったうえで、業務で運転することが大切です。

つまり・・・
安全運転への意識向上運転技術の向上に着目した研修が必要になります。

安全教育センターでは・・・

コンセプト セーフティ&メンタル

交通事故を防ぐ要因として、
企業ドライバーの安全意識の向上
不可欠と結論づけ、
ドライバーの意識改革に重点をおいた
研修をおこなっております。

プログラムの詳しい内容はこちら